第10回目 午後8時の朝焼け3時の魔王『ターピ』




◆日記


◆朝焼け3時の下僕『モーヴェ』 は破壊されてしまった……


モーヴェが倒れた。
今まで通りか、村を焼き散らかしている時より城の繁盛具合は落ち着いているはずだったのに、倒れた。
雛鳥が巣から落ちるように。篝火に焦がされているかのような熱を出して倒れたのだ。

「わたしとて忙しいわい。お前は看護に回れ」
「食事も作っておくのじゃ、スプーンが持てない?持てるものに疾く伝えよ!」


やはり、中途半端な知性は扱いづらくてかなわぬ。
モーヴェには私の寝床の半分を与えたが、「お前のにおいがそばにあると…なんかイライラすんだよ!」と言われてしまう。そも、私が寝床に入る事などほぼ無いのだから別によかろうに。


……彼を手放すことはしとうない。



………

いつもの通り城を見回ってたら、だんだんオレのいるフロアが熱くなって、そろそろやべえな、って思ったら倒れた。

頭がぐらぐらして、重たく霧を流し込まれたみたいですごく気持ち悪い。ターピがオレに持ってきた薬はどれも苦くてにおいも強いけど……ベッドのにおいを紛らわせるにはよかった。 なんかイライラすんだよ。魔王のくせに、いっちょまえに、女の子と同じにおいがするから。それで、なんでオレはそのにおいにやたら過敏になっちまってんのか、よくわからないけど、とにかく何かぞわぞわした。

イライラの理由はこれだけじゃないけど。熱でいつもと思考が違うのかもしれないけど。


……みんなが誰かに似ているっていう。赤い彼女が知っているって言う。


オレが『兄』と呼べるひとに、会いたくて会いたくて、
気がまた、狂いそうじゃないか。



また頭がクラクラしてきた。ターピの分まで、オレが寝てやる。



NEWS

篝火を払いのけた魔王たち
その両手に、暖かい奔流が流れていく
そして、それは魔王たちの心臓を温めた
2回目の覚醒が終わったのだ
そして、次なる目標は……
遠くの出来事が近くのように感じられる……
天球使『フォートリエ』のイメージ
「ここをこうして、円陣を組めば……魔法が……」

天球使『フォートリエ』のイメージ
「……!? なぜ……魔法が、発動しない!? なぜ、力が……溢れて……」

天球使『フォートリエ』のイメージ
「がああああっ、痛い……失敗した……失敗するはずなどない」

天球使『フォートリエ』のイメージ
「天球宮は……ここに蔓延る闇は、いったい……」

?????
「ゼロの魔法だよ」

天球使『フォートリエ』のイメージ
「……!? あなたは、いつからそこに……」

天球使『フォートリエ』のイメージ
「……天球統率者……」

そのイメージは靄がかかって見えない……
天球統率者
「ゼロに何をかけてもゼロなように、ゼロを何度繰り返してもゼロなように」

天球統率者
「ゼロの魔法は全てを無に帰す、最強の魔法だ」

その右手からは、「ゼロの数列」が生み出され、果てしなく遠くまで繋がっている……!!!
天球使『フォートリエ』のイメージ?
「痛い……痛い、痛い……があああああああ」

天球使『フォートリエ』のイメージ?
「消える……? すべてが、ゼロに……」

こちらに向かって、振り向く天球統率者
天球統率者
「これで分かっただろう。魔王たち。我がわざわざイメージを送り、伝えたいのはこれだ」

天球統率者
「完璧な魔法だ。そして、我は勝利するだろう……ぐっ」

その腹を裂き、ざらざらと零れ落ちる「ゼロ」。膝をつく天球統率者……そこでイメージは途切れた
天球使『リヴァリエ』
「忠告をしておこう。いずれ、お前たちは「ゼロの魔法」と対峙する」

天球使『リヴァリエ』
「かつて、わたしがそうだったようにな」

天球使『リヴァリエ』
「お目付け役のふりも終わりだ。君たちはもう自由に戦える」

天球使『リヴァリエ』
「ただ、やはり絶望だけが未来を支配する。なぜなら……」

天球使『リヴァリエ』
「18の神器なくして、ゼロの魔法に耐えられる存在など、ない」

天球使『リヴァリエ』
「そして現存するレガリアは……もはや4つしかない、ということだ」

カイリ
「うーん……胸の奥がズキズキするな。なんだろう」

カイリ
「夢はぜんぜん覚めないし」

カイリ
「おや、何だあれ」

閃光を放ち空へと向かう翼。あなたはそれが『リヴァリエ』だと気づいたかもしれない。『リヴァリエ』はあなたの元を離れたのだ
デスケル重工製デバステイター【236xv988ppd】
「天球使たちが空へと帰っていく……?」

デスケル重工製デバステイター【236xv988ppd】
「チャンスだ。というのは、デスケル重工本社はいま摘発されているからだ」

カイリ
「……この前聞いたデスケル重工本社脱出作戦だね」

カイリ
「何をすればいいんだろう」

デスケル重工製デバステイター【236xv988ppd】
「本題から話そう。2段階目の覚醒を終えた魔王たちは、すでに『ゼロのレガリア』を手に入れる力を有している」

デスケル重工製デバステイター【236xv988ppd】
「我が社も『ゼロのレガリア』についてはリサーチを続けていた」

デスケル重工製デバステイター【236xv988ppd】
「『ゼロのレガリア』はまもなく魔王の手に渡るだろう」

デスケル重工製デバステイター【236xv988ppd】
「いまこの『底抜け天井』を支配する魔法、『他化自在天制御円陣』を破壊し、我々も自由にしてもらうのだ」

デスケル重工製デバステイター【236xv988ppd】
「すなわち、天球使と天球統率者の保持する『他化自在天制御円陣』の破壊、それが君たちに叶えてもらいたい願いだ」

デスケル重工製デバステイター【236xv988ppd】
「この魔法の破壊によって、その力の根源である未定義の世界が、『ゼロのレガリア』を具現化させる、ということだ」

デスケル重工製デバステイター【236xv988ppd】
「天球の支配者たちとの全面戦争だ。だが、恐れることはない。君たち魔王は無敵になったのだから」

勇者『テオ』
「お前! アイス食えアイス!!」

勇者『テオ』
「俺の力でめちゃくちゃに冷えてるアイスだ!!」

勇者『テオ』
「うまいか! ハハ! お前はよくやっているよ!」

勇者『テオ』
「俺はずっと旅をしている。俺と運命で結ばれた魔王がどこかにいるはずなのに」

勇者『テオ』
「俺はずっと戦いたかった。俺の戦場がどこかにあって、俺は世界を救うために戦うはずだった」

勇者『テオ』
「なのに、俺はずっと準備運動を続けて、助走を繰り返している。何年も、何百年も」

勇者『テオ』
「いつか、俺は到達してみせる。その日のために。それまでの全てが前座だったとしても」

勇者『テオ』
「俺は、ずっと積み重ねている! 届くために! 俺の運命がすべて無駄だったとしてもだ!」

勇者『テオ』
「ずっとずっと、ずっと繰り返す! やがて俺のゼロは1を刻むだろう。あとは、千でも、億でも、無限でさえも到達できる!!」

勇者『テオ』
「そしてお前は、この果てしない虚空の世界で1を刻めるんだ!! 何度でもだ!! そして、今日がその日なんだ!!」

天球使『フォートリエ』?
「……オオオオオオ……」

天球使『フォートリエ』?
「……世界を、維持するために……」

天球使『フォートリエ』?
「……グシュッ……ギチギチギチギチギチ……」


◆訓練

朝焼け3時の魔王『ターピ』はアルイレーラ(影)を購入した!!
朝焼け3時の魔王『ターピ』はカルマプリンを購入した!!
朝焼け3時の魔王『ターピ』は1/20『インフェルノ』を購入した!!
朝焼け3時の魔王『ターピ』はアルイレーラ(影)を購入した!!
朝焼け3時の魔王『ターピ』は”F”を購入した!!
朝焼け3時の魔王『ターピ』は1/20『インフェルノ』を購入した!!
金塊を200cに換金した!!
金塊を200cに換金した!!
金塊を200cに換金した!!

◆作製

焦土に張る根を作製した!!


◆レガリア決定

暁新世界 に決定!!


◆アセンブル

見張り台にがらくた兵士を装備した
エントランスに”F”を装備した
通路に1/20『インフェルノ』を装備した
応接間にアルイレーラ(影)を装備した
商店街に硬質グミを装備した
回廊にゆうしゃのおにくを装備した
三叉路にスーパー違法アルラウネⅡを装備した
闘技場に1/20『インフェルノ』を装備した
幹部の部屋にカルマプリンを装備した
魔法陣に焦土に捧げる苗を装備した
奈落にアルイレーラ(影)を装備した
魔王領域に焦土に張る根を装備した

◆心魂結束

姉を探す魔王『ランズ』と心魂結束を結成した!!

◆対象指定

対象指定……フリー

ユニオン活動

プランタ・タルタリカルマ・バロメッツの活動記録


あらゆる種類の木々がねじれ、取り込まれた一本の大樹が生えている。 焦げかけの看板に『プランタ・タルタリカ『ルマ 』・バロメッツ』とあるが特に羊が生えてくる様子はない。
様々な形の葉が作る木漏れ日の下にあるハンモック、はめ込まれた丸い窓。ごつごつとした木肌葉が黄色赤に色づき、時々あるところから甘い香りの煙が立ち上る以外このツリーハウスに変わった様子はないようだ。
朝焼けを浴びると燃えるような輝きを見せ、ぱきり、ぱきりと樹が伸びる音がして、目覚ましがわりになる。正直早すぎる。


経験値の訓練をしました
経験値が1上昇した
経験値の訓練をしました
経験値が1上昇した
経験値の訓練をしました
経験値が1上昇した
経験値の訓練をしました
経験値が1上昇した
経験値の訓練をしました
経験値が1上昇した
ENo.1からのメッセージ>>
朝焼け3時の魔王『ターピ』
「まあ、とんぼの!お主も立派になってまあ…私は元気じゃよ、500年の同胞はいい。心が…すこし『満たされる』ゆえに…」
モーヴェ
「どんっだけ知り合い居るんだよ。ったく、どこにそんな人望が『眠って』るんだ?…カレーよそっとくぜ。スープカレーじゃなくてとろみのあるやつだから、飲み物だってんなら覚悟して飲め。」
朝焼け3時の魔王『ターピ』
「…だんだん素直になってきたが、少々働き過ぎのようにも見えるのぅ、モーヴェ?」
モーヴェ
「…いいんだよ、この方がオレも『満たされる』。でもターピ。うちも村から子供を引き取ったし、あいつらにも手伝い覚えさせとけよ! 」
ENo.6からのメッセージ>>
カヴ
「わぁ! カレー、食べていいの? やったぁ!」
少女がカレーの方へ駆け寄っていった、一方で。
フロワ
「村…あっという間になくなってたの。カヴも、がっかりしてた。」
フロワ
「子ども? フロワと だいたい同じくらい…?
リィさん、もしかしてその子、育てるの?」
ENo.9からのメッセージ>>
一乃
「うおーとんぼちゃん、お久しぶり、いけめん……
 間違えた、いめちぇん………」
一乃
「むらが滅んでから、少し……力がましたような気がする。
 彷徨える魂の、嘆きを感じる。嬉しい……」
ENo.29からのメッセージ>>
とんぼちゃん
「ぬ?知らぬ顔もあるな。長き時が過ぎれば道理か……」
とんぼちゃん
「我はドラゴンフライ・スカイブルー、かつてこのツリーハウスに属せしものよ」
とんぼちゃん
「気軽にとんぼちゃんと呼ぶがよいぞ!」
ENo.32からのメッセージ>>
リィ
「……取れるのかな、その汚れ……。」
リィ
「おや、はじめましての人かな?私はリィっていうよ、一乃ちゃんと姉妹提携させてもらってるね。以後よろしく。」
リィ
「……村、は……あー、うん、あはは……。」
ENo.35からのメッセージ>>
レユーサ・クェリフィート
「……子供?村……ああ、そういうことですか」
レユーサ・クェリフィート
「まあ余り布はありますし、作ればありますよ。その前にありそうですけど」
レユーサ・クェリフィート
「……トンボちゃん?」
(ぱっ、と来客に反応をする少女だった)

メッセージ

ENo.9からのメッセージ>>
一乃
「ええ……ターピさま。誠に」
一乃
「増やして滅ぼして、増やして滅ぼして。
 大切な、しげんですから」

 きっと、永遠に遊べますよと、彼女は笑顔で語るのだった。
ENo.12からのメッセージ>>
『指揮者』
「ははははは、白骨死体!?」
『指揮者』
「いやっ、確かになんか……最近墓地とか売りに出されてんの見てるぅ……
 あれ私も買った方がいいのかな……」
『指揮者』
「……ん? なに?」
『指揮者』
「……」
『指揮者』
「えっ、めっちゃ怖」
『指揮者』
「いや、私は日に日におかしくなったりはしてないから……
 違うな。私のとこの魔王様も日に日におかしくなったりはしてねえから分からない……」
『指揮者』
「……日に日におかしくなってないのか? 本当に?
 えっ、分かんねえ、怖くなってきた」
『指揮者』
「うーん……私は魔王じゃないから、自分の頭がおかしくなってるかはさっぱり……
 あっ、でもなんか……最近はやたら喉乾く? そういうのはちょっとわかるな……」
『指揮者』
「……もしかして、私の頭もおかしくなってる!?
 やだー! 怖い! どう見えます!?」
ENo.32からのメッセージ>>
リィ
「争う種子がなくなったら…そうだね、平穏だね。でも…」
リィ
「勇者がまだ生きてる、しぶとく、しぶとく、地を這うかのように」
リィ
「…ふふっ、やいちゃえば何もなくなるのかなとか思ってたんだけどね、全然そんなことなかったよ。」
リィ
「いっそまるごと勇者も焼けてしまえばよかったのにね。」
リィ
「この焼け野原で耕作?ずいぶんと面白い事言うんだね。」
リィ
「…ああいや、バカにしてるわけじゃないよ、ただよく思いつくなって思っただけかな。」
リィ
「私の好きな珈琲の…豆の種子……あったかな、いや、あるね。」
・そう言うと空へ魔術を画く、転送されるように種が数粒。
リィ
「これが私の秘伝の種、とてもとても苦い種。」
リィ
「……あっはは!すごい規模の大きい話だね、でも好きだよ。」
リィ
「自分が変わるばかりじゃもうどうしようもない、それは私も思ったよ、ここまでやって、強く、ね。」
リィ
「魔王として覚醒すれば、全てを識ってしまえば、きっと世界だって適応する。」
リィ
「……でも……農作業は手伝えないかもしれないかな、だって勇者が……まだ生きてる。」
リィ
「そう」
リィ
「勇者が」
リィ
「まだ生きてる。」
リィ
「どこかにどこかにまだあるはずだよ、焼ける村が、残骸でしぶとく生き残っている愚か者達がまだどこかで生きている、<BR>それを見つけなきゃいけない、それを焼かなければいけない、<BR>これはワタシがしたいこと、これがワタシのしたいこと、これがワタシが決意したこと、<BR>ワタシにこれだけのことをしていった勇者がにくい、ワタシにこれだけのことをさせてる勇者がにくい<BR>ここまで狂わせたのがにくい、ここまでならなければいけなくなったことがにくい<BR>世界が焦土になったもの罪のないモノが全て焼けていったのも全て勇者がいなければ起こらなかったこと<BR>これは真理、これが真実、これが全ての結論<BR>狂ってるといわれようがなんと言われようが構わない<BR>ワタシは私、私はワタシ、ソレが全て」
リィ
「だから容赦なんていらない、情けなんていらない、敵なんて全部<BR>」
リィ
「■■てしまえばいいんだよ。」
ENo.36からのメッセージ>>
リタ
「やれやれ、やりすぎるなよ?ただでさえ今は他の勇者やら、天球使やらが出張ってきてるんだ」
天球使が一体何なのかは知らんがね、と付け足しつつ。
リタ
「ふ。おおむね同じ見解と見える。
 尤も、ターピ。お主の“飢え”は――
 ……そういえば、まだ眠いのかい?」
ターピの“飢え”は満たされる事は無いだろう、と言いかけて。まだ眠気は存在するのだろうか、そうだとしたら多大なストレスだろうなあなどと思ったようで。
ENo.79からのメッセージ>>
モーラ=フォニエ
「あら? あなたたち、前回からまた一緒になったわね。
 いろいろよく分からないけれど、なにか一緒になる法則でもあるのかしら?」
モーラ=フォニエ
「あっそういえば思い出したわ。
 あなたたち、この前いっぱい村を焼きまわってた魔王様かしら。
 もう一人は知っている魔王様だったけれど」
モーラ=フォニエ
「でももう村が殆どないんだったかしら?
 これで勇者までいなくなっちゃったらちょっと困るわよね。
 ちゃんと、ちょうどいい塩梅に生きてはいてくれないと」
モーラ=フォニエ
「ちょっと喋り過ぎちゃったかしら。今週の戦場でもよろしくね!」

メッセージを送信しました
>>Eno.1: >>Eno.6 

◆戦闘結果

戦闘結果は*こちら*

◆ダイジェスト結果

精算

売上高 183
攻撃戦果収入0.88
支援戦果収入31.89
防衛戦果収入10.9
捕虜交換  440
戦闘報酬483
販売数補正   0.1%
売上均衡補正  3.9%
戦闘報酬均衡補正0.75%


合計現金収入697


獲得レートポイント697
   収入    4000moneyがかき集められました
【!】召喚費用  958moneyを消費しました
【!】経費    9163moneyを消費しました
パーツ販売数 1個
今回の購入者-->>6
◆経験値が62.28増加しました……
◆がらくた兵士 は破壊されてしまった……
あなたは5回カルマを重ねました
あなたは7回シュラとなりました
あなたは3回和解しました

あなたは『テオ』から、青いソーダアイスを渡された……

”F”の強度が 27.56 になった!!
1/20『インフェルノ』の強度が 27.56 になった!!
アルイレーラ(影)の強度が 27.56 になった!!
硬質グミの強度が 21.56 になった!!
ゆうしゃのおにくの強度が 25.97 になった!!
スーパー違法アルラウネⅡの強度が 27.19 になった!!
1/20『インフェルノ』の強度が 27.56 になった!!
カルマプリンの強度が 27.56 になった!!
焦土に捧げる苗の強度が 28.19 になった!!
アルイレーラ(影)の強度が 27.56 になった!!
焦土に張る根の強度が 28.56 になった!!



キャラデータ

名前

朝焼け3時の魔王『ターピ』

愛称
 朝焼け3時の魔王『ターピ』
ステータス
Eno1
ランキングレート697
総合戦果655.12
攻撃戦果229.39
支援戦果162
防衛戦果263.71
所持資金6682
経験値0
累積村焼き367
累積徳9
累積カルマ71
累積シュラ189
累積和解25
魔王状況 毛玉状の小動物
 飢え 渇き 鴉の舞う空 不規則な足音 焦げ付いた匂い 戦災孤児 きしむ音 羨望 宝石
画像データ
プロフ絵城画像
プロフィール

ターピ・ブランケット[カルマ]
お金で解決されていた世界は暴力の時代となった。
勇者の絶え間なき侵攻により安眠は妨げられ、城の樹木からは毒が噴き出す。1日に最低限10時間の睡眠も取れなくなった環境に限界を迎えた一匹の魔王は____ついに発狂した。

そして、世界に『適応』する。カルマの力を得たターピは1日の間にほとんど寝ることは無く、白濁した虚ろな目で城を監視する。1人の青年を、『しもべ』にして。

モーヴェ・カロン[17歳]
暴力の時代に相応しい、強い魂として呼び出された青年。身体が無かったので年相応の身体もターピが用意した。

元いた世界の記憶は有しているらしく、この召喚も不本意。「オレを残像領域に帰せ」などと発言している。
久々の肉のある身体にまだ慣れておらず、幼児のような行動が見て取れる。これも不本意。
あなたの作製した勇者
アマルガムの銃勇者『ウァーウム』
アマルガムの銃勇者『ウァーウム』
攻撃種別:カルマ物理魔術
習得魔法: トランプル ミューズ アイスコフィン クラウドベイン アーソンファング
勇者情報:『灰色の髪と瞳を持つ少女は英雄になる 』。
そんな伝承のひとりあるきが、暴力の時代に姿を現した。
見た目年齢12歳ほど、灰髮ジト目のアンドロイド。
幼い片手に銃持ち、魔法の弾丸を発射する。
別の世界によく似た他人がたくさんいる。そして、重要なことが一つ。

これは英雄ではない。魔王城を陥落せしめんとする勇者である。

__0アイコン__1アイコン__2アイコン__3アイコン__4アイコン__5アイコン
__6アイコン__7アイコン__8アイコン__9アイコン_10アイコン_11アイコン
_12アイコン_13アイコン_14アイコン_15アイコン_16アイコン_17アイコン
_18アイコン_19アイコン_20アイコン_21アイコン_22アイコン_23アイコン

お城データ

城構成
見張り台
カルマ物理護衛
がらくた兵士
エントランス
カルマ火炎護衛
”F”
通路
カルマ火炎護衛
1/20『インフェルノ』
応接間
シュラ冷気護衛
アルイレーラ(影)
商店街
商品罠
硬質グミ
回廊
シュラ物理護衛
ゆうしゃのおにく
三叉路
シュラ物理護衛
スーパー違法アルラウネⅡ
闘技場
カルマ火炎護衛
1/20『インフェルノ』
幹部の部屋
カルマ冷気護衛
カルマプリン
魔法陣
シュラ物理建築
焦土に捧げる苗
奈落
シュラ冷気護衛
アルイレーラ(影)
魔王領域
シュラ物理建築
焦土に張る根
城塞データ
侵攻速度4275エンカウント5199
機巧技術6565好感度8070
知性11294違法性1100
送品酔い150
魔法発動数10
レガリア暁新世界
城状況心魂滅術
 トランプル
 モラール
 ソウルブラスト
 クラウドベイン
透心眼術
 タクティクス
 ストラテジー
 プロフェシー
鉱滅術
 ペトロクラウド
 ストーンスタチュー
 ストーンガーデン


デフォルトリスト
ID種別名前詳細
1
シュラ護衛:スケルトン
落ち葉だまりの中の骨 [27]

価格[121] 侵攻速度[1043] エンカウント[335] 機巧技術[335] 好感度[147] 知性[147] [10] 追加効果[作製不可]
違法性[100] [シュラ護衛] *作者*

▼詳細
2
シュラ護衛:スケルトン
残滓の骨 [27]

価格[121] 侵攻速度[1043] エンカウント[335] 機巧技術[335] 好感度[147] 知性[147] [10] 追加効果[作製不可]
違法性[100] [シュラ護衛] *作者*

▼詳細
3
シュラ護衛:スケルトン
おくらの骨 [27]

価格[121] 侵攻速度[1043] エンカウント[335] 機巧技術[335] 好感度[147] 知性[147] [10] 追加効果[作製不可]
違法性[100] [シュラ護衛] *作者*

▼詳細
4
シュラ電撃建築:尖塔
サイケデリックタワー [23.74]

価格[728] 侵攻速度[913] エンカウント[597] 機巧技術[597] 好感度[371] 知性[416] 追加効果[感知付与]
違法性[100] [シュラ電撃建築] *作者*

▼詳細
5
シュラ物理護衛:ジャイアント
ゆうしゃのおにく [25.97]

価格[971] 侵攻速度[146] エンカウント[612] 機巧技術[332] 好感度[1031] 知性[938] 追加効果[遅延]
違法性[100] [シュラ物理護衛] *作者*

▼詳細
6
シュラ物理建築:植物
焦土に捧げる苗 [28.19]

価格[728] 侵攻速度[291] エンカウント[722] 機巧技術[483] 好感度[961] 知性[578] [15] 追加効果[成長付与]
違法性[100] [シュラ物理建築] *作者*

▼詳細
7
カルマ護衛:スケルトン
なっとうの骨 [26.41]

価格[121] 侵攻速度[1036] エンカウント[334] 機巧技術[334] 好感度[146] 知性[146] [10] 追加効果[作製不可]
違法性[100] [カルマ護衛] *作者*

▼詳細
8
商品罠:商品の罠
青いソーダアイス [29]

価格[280] 侵攻速度[247] エンカウント[247] 機巧技術[247] 好感度[247] 知性[247] [10]
[商品罠] *作者*

▼詳細
9
シュラ冷気護衛:ウィッチ
アルイレーラ(影) [27.56]

価格[947] 侵攻速度[527] エンカウント[147] 機巧技術[242] 好感度[290] 知性[1050] 追加効果[遅延]
違法性[100] [シュラ冷気護衛] *作者*

▼詳細
10
商品罠:商品の罠
硬質グミ [21.56]

価格[280] 侵攻速度[192] エンカウント[192] 機巧技術[192] 好感度[192] 知性[192] [10]
[商品罠] *作者*

▼詳細
11---------
12
カルマ冷気護衛:プリンス
カルマプリン [27.56]

価格[752] 侵攻速度[290] エンカウント[242] 機巧技術[147] 好感度[337] 知性[1050] 追加効果[氷結]
違法性[100] [カルマ冷気護衛] *作者*

▼詳細
13
カルマ火炎護衛:ドラゴン
1/20『インフェルノ』 [27.56]

価格[971] 侵攻速度[147] エンカウント[147] 機巧技術[955] 好感度[385] 知性[955] 追加効果[遅延]
違法性[100] [カルマ火炎護衛] *作者*

▼詳細
14
シュラ物理護衛:ファイター
泥の人形 [26.63]

価格[242] 侵攻速度[428] エンカウント[428] 機巧技術[428] 好感度[428] 知性[428] 追加効果[戦利]
違法性[100] [シュラ物理護衛] *作者*

▼詳細
15
カルマ電撃建築:尖塔
05-凍結塔 [23.74]

価格[728] 侵攻速度[913] エンカウント[597] 機巧技術[597] 好感度[371] 知性[416] 追加効果[感知付与]
違法性[100] [カルマ電撃建築] *作者*

▼詳細
16
カルマ護衛:スケルトン
なっとうの骨 [26.41]

価格[121] 侵攻速度[1036] エンカウント[334] 機巧技術[334] 好感度[146] 知性[146] [10] 追加効果[作製不可]
違法性[100] [カルマ護衛] *作者*

▼詳細
17
シュラ物理護衛:アルラウネ
スーパー違法アルラウネⅡ [27.19]

価格[655] 侵攻速度[194] エンカウント[572] 機巧技術[383] 好感度[1045] 知性[478] 追加効果[成長]
違法性[100] [シュラ物理護衛] *作者*

▼詳細
18
カルマ護衛:スケルトン
なっとうの骨 [26.41]

価格[121] 侵攻速度[1036] エンカウント[334] 機巧技術[334] 好感度[146] 知性[146] [10] 追加効果[作製不可]
違法性[100] [カルマ護衛] *作者*

▼詳細
19
シュラ物理護衛:ファイター
泥の人形 [26.63]

価格[242] 侵攻速度[428] エンカウント[428] 機巧技術[428] 好感度[428] 知性[428] 追加効果[戦利]
違法性[100] [シュラ物理護衛] *作者*

▼詳細
20
シュラ冷気建築:水路
冷ややかなトリル [21.68]

価格[300] 侵攻速度[433] エンカウント[285] 機巧技術[285] 好感度[227] 知性[285] 追加効果[加速付与]
[シュラ冷気建築] *作者*

▼詳細
21
シュラ冷気護衛:ビースト
金の牡羊 [26.41]

価格[607] 侵攻速度[802] エンカウント[380] 機巧技術[240] 好感度[146] 知性[334] [15] 追加効果[加速]
違法性[100] [シュラ冷気護衛] *作者*

▼詳細
22---------
23
シュラ物理建築:植物
焦土に張る根 [28.56]

価格[728] 侵攻速度[292] エンカウント[725] 機巧技術[484] 好感度[965] 知性[581] [15] 追加効果[成長付与]
違法性[100] [シュラ物理建築] *作者*

▼詳細
24---------
25
シュラ冷気護衛:ゴースト
オトタチバナの海水 [22.04]

価格[100] 侵攻速度[252] エンカウント[276] 機巧技術[125] 好感度[200] 知性[175] [15] 追加効果[戦利]
[シュラ冷気護衛] *作者*

▼詳細
26
シュラ物理護衛:ファイター
泥の人形 [26.63]

価格[242] 侵攻速度[428] エンカウント[428] 機巧技術[428] 好感度[428] 知性[428] 追加効果[戦利]
違法性[100] [シュラ物理護衛] *作者*

▼詳細
27
シュラ冷気護衛:ウィッチ
アルイレーラ(影) [27.56]

価格[947] 侵攻速度[527] エンカウント[147] 機巧技術[242] 好感度[290] 知性[1050] 追加効果[遅延]
違法性[100] [シュラ冷気護衛] *作者*

▼詳細
28
カルマ火炎護衛:ドラゴン
”F” [27.56]

価格[971] 侵攻速度[147] エンカウント[147] 機巧技術[955] 好感度[385] 知性[955] 追加効果[遅延]
違法性[100] [カルマ火炎護衛] *作者*

▼詳細
29
シュラ冷気護衛:ゴースト
座るカモメ [25.78]

価格[242] 侵攻速度[564] エンカウント[425] 機巧技術[146] 好感度[285] 知性[239] [15] 追加効果[戦利]
違法性[100] [シュラ冷気護衛] *作者*

▼詳細
30
カルマ火炎護衛:ドラゴン
1/20『インフェルノ』 [27.56]

価格[971] 侵攻速度[147] エンカウント[147] 機巧技術[955] 好感度[385] 知性[955] 追加効果[遅延]
違法性[100] [カルマ火炎護衛] *作者*

▼詳細



次回の報酬ボーナス

売上均衡補正3.3%
戦闘報酬均衡補正3.56%


次の戦場

作戦開始……22時00分 第2ブロック 「フリアの霧渦巻く底」

霧深き奈落。迷うもの、立ち止まるもの。栄光は、その先にある

ID-1 悪魔の奴隷商ドン
ID-2 ダンジョンの奥にひきこもるホークアイ
ID-3 普通マジシャン
ID-4 焦がれる残火の魔王『フィリリ』
ID-5 悪運の魔王SFORTUNA
ID-6 アンシィ・スクリミル
ID-7 朝焼け3時の魔王『ターピ』
ID-8 姉を探す魔王『ランズ』
ID-9 レユーサ・クェリフィート
ID-10 "流れ者" ユリス
ID-11 目覚しき顆粒の魔王『ナルコチーノ』
ID-12 コバルト・J・フェニックス
ID-13 音韻の魔王『モーラ=フォニエ』
ID-14 人で“なし”の魔王
ID-15 ウィープ=スキレット
ID-16 セラフィーナ
ID-17 ぷりーずぷれすみー
ID-18 グリムガルデさん
ID-19 花と羽毛と群棲の魔王
ID-20 魔王【悲劇の王】
--- --- --- --- ---
------- vs -------
ID-51 ブリティッシュナイト
ID-52 リリー
ID-53 流浪の徳火炎魔術型勇者
ID-54 流浪の徳聖魔魔術型勇者
ID-55 ミ/
ID-56 妄執の狂信者『リリエス・ベルリオーシュ』
ID-57 エルカ・シェアラント
ID-58 『回転する火の目の勇者』
ID-59 ホロケー・ナイン
ID-60 拙者意味もなくその場でクルクル回転するの大好き侍
ID-61 エーレ
ID-62 匪賊の盗賊
ID-63 /1/リーサルボタンマン
ID-64 冒険者の姿映し『カーリナ・アエロー』
ID-65 栄えある勇者『ネツガトフィア』
ID-66 密林のダンボール箱(猫)
ID-67 流浪のカルマ冷気治療型勇者
ID-68 ゾンビ
ID-69 鉄砲玉
ID-70 流浪の徳火炎魔術型勇者
エルカ・シェアラントがあなたを対象指定しています
エルカ・シェアラント
攻撃種別:カルマ聖魔狂戦
習得魔法: ヘヴンズロウ ジャッジメント デンジャーゾーン プロフェシー クラウドベイン スナッチ レギオンファーム モラール ホーリーブラスト パラノーマルアクト
レベル :55
勇者情報:かつて殺めた親友を呼び戻すために「魂取り」を追っている。自身も既に死していることには気づいていないようだ。